青汁で便秘は解消できる?

便秘は女性の4人に1人が悩んでいると言われ、万病の元といっていいほどの様々な体の問題を引き起こします。
便秘は

  • 自律神経のバランスを崩している
  • 腸内環境に問題がある

ということに原因があります。
これらの問題に青汁がどのような効力を発揮するのか詳しく見ていきましょう。

なぜ便秘になるの?

そもそもなぜ便秘になってしまうのでしょうか。便意が起こるしくみをごく簡単に言うと、

  1. 食べたものが胃に入り、分解される
  2. 小腸が食べ物の栄養を吸収し、残ったものを結腸へ送る
  3. 結腸の動きにより便を直腸へ送る
  4. 直腸からの信号で脳が排せつ指令を出す
  5. 直腸が収縮して、排便する

となります。

 

この流れの中で大切なのは

  • 小腸・結腸の便を運ぶ動き
  • 直腸が収縮して便を押し出す動き

の2つで、この動きが正常に動作しないと便秘になるということなのです。

 

自律神経のバランスを崩すと便秘になる

自律神経のバランスを崩すと便秘になる

便秘には腸の動きが深くかかわっていることがわかりました。
そもそも腸ってナニモノなんでしょう。

 

腸は神経細胞が脳の次に多く、腸のさまざまな動きは神経細胞が単独で行っています。

 

筋肉などは脳からの指令なしに動くことはありませんが、腸の神経細胞は脳の命令を受けずに他の臓器に指令を出すことができるのです。

 

アメリカのコロンビア大学医学部教授のマイケル・D・ガーション博士はこのような腸の「自律して動く機能」を証明し、「セカンド・ブレイン(第2の脳)」と名付けました。

 

一方で、腸は脳と深くかかわりを持っています。
脳にある自律神経には

  • 体を活動の方向へ導く交換神経
  • 安静の方向へ導く副交感神経

がありますが、それぞれが腸の運動に関係します。

 

■副交感神経の動きが優位になると腸の運動が活性化する→優位になりすぎると下痢になる
■交換神経が優位になると抑制される→優位になりすぎると便秘になる

 

つまり、副交感神経と交換神経のバランス(=自律神経の安定)が大事なのです。

 

青汁を飲むと自律神経の安定に効果がある

青汁を飲むと自律神経の安定に効果があるって知っていましたか?

 

現代社会はストレス社会と言われ、私たちを取り巻く環境は厳しいものになっています。
環境による消耗でカリウムをはじめとするミネラルが体内で大量に消費されてしまいます。

 

「麦緑素の効果」の著者荻原義秀氏によれば青汁によく使用される「麦緑素」の一成分がホルモンの分泌を促し、精神を安定させることがわかったのです。

 

日本薬学会第134年会で大麦若葉のエキス「麦緑素」がストレスを抑え、心身のバランスを保つことが報告されています。

 

下記のサイトは麦緑素が抗ストレスに寄与するという研究成果を記載したものです。
http://nenkai.pharm.or.jp/134/pc/imulti_result.asp

 

腸内環境が悪いと便秘になる

日本初の便秘外来を開設した順天堂大学医学部小林弘幸教授著「便活ダイエット」(株式会社ワニブックス)によると便秘には原因別に

  1. ストレス型・・・自律神経バランスの乱れにより、腸が動きにくくなる
  2. 腸のぜんどう不全・・・下剤の過剰摂取などで腸の動きが低下する
  3. 直腸・肛門型・・・便意の無視し続けるなどで排便の指令が出にくくなる

の3つのタイプに分かれ、どのタイプでも腸内環境整備によって改善されると書かれています。

 

腸内環境とは腸内細菌のバランスのことで、

  • 腸に対して有益な働きをする「善玉菌」
  • 悪影響を及ぼす「悪玉菌」
  • 善玉菌・悪玉菌いずれかの強い方に加勢する「日和見菌」

がそれぞれ調和を保っているのが良い環境となります。
この調和を保つためには食物繊維で腸のお掃除をして悪玉菌が増殖することを防ぐと効果的なのです。

 

青汁を飲めば腸内環境を改善できる

青汁を飲めば腸内環境が改善できる

食物繊維をとるには野菜をたくさん食べる必要があります。
でも生野菜はなかなかたくさん食べるのは難しい。色の濃い緑黄色野菜だとなおさらです。

 

青汁はそもそも野菜をすりつぶしたものですから、コップ1杯でもたっぷりと食物繊維がとれます。

 

青汁によく使用される「ケール」は食物繊維が豊富な優秀な食品で、トマトの3.7倍にあたる量を含んでいます。

 

「ケール」は日本人にとってはポピュラーではありませんが、紀元前から存在する野菜で、キャベツの原種とされています。

 

ケールを最初に日本で紹介したのは「青汁博士」と周囲から慕われた遠藤仁郎氏で、青汁を考案した方です。

 

遠藤氏は戦中戦後の食糧難の中、何とか人々に栄養を与えたいという一心で、農家で打ち捨てられていた大根の菜っ葉などを拾い集め、すりつぶして汁状にしたものをたまたま家族に飲ませたところ、病気が快復し、青汁の力を確信したのです。

 

当初は「ヤギのような食事」と周囲から言われ、なかなか青汁に対する理解も得られない中で、遠藤博士は地道な普及活動を続けます。

 

粘り強い活動の末に徐々に努力は実り、勤務する倉敷中央病院で青汁を給食として導入することに成功したのです。

 

しかし、大量の青汁となると、野菜の供給が難しく頭を悩ませていた矢先に本でケールを知ります。
ケールは暑さ寒さに強く、保存の聞くものだと2、3年は持つと知り、アメリカから種を取り寄せたのがケールの日本初上陸となったのです。

便秘の原因は・・・
  1. 自律神経のバランスを崩している
  2. 腸内環境に問題がある

ということにあり、それぞれ大麦若葉、ケールを原材料とする青汁を飲むことで改善できるのです。

青汁を飲めば下剤を使わなくていい?

便秘は薬ではありません。野菜をすりつぶしただけの栄養補助食品です。
しかし、青汁を飲めば便秘は改善します

 

便秘が続くとお腹が張るなど、日々の生活にも支障がでます。
そうなると下剤に頼ってしまうのですが、飲み続けていると段々効かなくなってきます。

 

青汁を飲めば下剤を使わなくていい?

効きづらくなるためにさらに下剤の量を増やしてしまうと症状を悪化させてしまうのです。
下剤の前に青汁を!

 

青汁の快便に対する効能と下剤のデメリットを把握しておきましょう。

 

青汁博士おすすめの作り方にみる青汁の便秘への効用とは

青汁を考案した「青汁博士」遠藤仁郎氏おすすめの青汁の作り方から青汁の効用を分析してみましょう。

 

何しろ戦後の栄養難の人々を救うべく孤軍奮闘した不屈の精神を持つ先生なので材料は新鮮でキレイな水で洗ったケールのみ。

 

ケールは栄養分たっぷりで保存も効くスグレモノ野菜ですが、唯一の欠点は味にクセがあり、飲みにくいこと。

 

「飲みやすくしろ?冗談じゃない!まずいのこそ青汁だ!」

 

・・・という今は亡き先生の声が聞こえてきそうですが、ケール100%の青汁の味を知っておくと、市販の青汁を飲んだ時に良質な製品かがわかるようになるのだそうです。

 

ミキサーで作ると水を入れなければならないので、すりつぶすか、青汁専用のジューサーで絞った汁を飲みます。

 

かなり濃い液体になるので氷を入れると飲みやすいですよ。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると30代女性に必要な食物繊維は一日18グラム以上。
しかし、平成25年「国民健康・栄養調査」の結果によれば30代女性の食物繊維摂取量は13グラムにすぎません。

つまり、平均的な食事をしていても食物繊維は不足しているのです。

 

青汁博士特製の青汁はコップ1杯につき、ケール200グラム。
文部科学省 食品成分データベースによると青汁博士特製青汁でとれる食物繊維は6.4グラム。
足りていない食物繊維を青汁でカバーすることができます。

 

食物繊維は胃腸で消化されず、水を吸って膨らみ、便をやわらかくします。
さらに腸の老廃物をからめとる力があるので便のかさが増し、脳から腸への排便の指令を出しやすくするのですね。

 

下剤は正常な腸の動きを妨げる

便秘の時に頼れる下剤。
でも下剤はとりすぎると危険な事態にもなります。

 

市販の下剤でよくある「アントラキノン系下剤」は大腸を直接刺激して便を出します。

 

つまり、脳と腸の連携を飛ばしてしまうのです。正常な便意の手順をとらず、直接排出してしまうので、腸がだんだん自律的な動きをしなくなってしまうのです。

 

さらに下剤を飲みすぎると下痢のような症状になります。

下痢はなぜ悪いのでしょうか?

それは下痢によって体中の水分が失われ、ビタミン・ミネラルが水分と一緒に流れ出てしまうからです。

便秘改善のためには1日コップ1杯の青汁

便秘改善のためには1日コップ1杯の青汁

普段から意識して野菜を食べている人であれば1日コップ1杯の青汁を飲めば必要な食物繊維を取り入れることができます。

 

普段忙しく食生活が乱れがちであれば2〜3杯飲んで野菜不足を補います。
なるべく下剤の使用を控え、青汁で体質を改善していきましょう。

青汁を飲んでも便秘解消に効果がない3つの理由

青汁博士遠藤仁郎氏や青汁健康法を提唱する甲田光雄氏などが自著の中で便秘解消に対する青汁の効用を説いています。

 

しかし青汁は体質を改善するための栄養補助食品なだけに効果に個人差があるのも事実。
青汁を飲んでも便秘に効果がないケースは3つの原因があります。

理由その1:便秘の要因と青汁の効用が結びつかない

青汁を飲んでも便秘が解消できない理由のひとつは便秘がさまざまな要因から起きていることにあります。
「便活ダイエット」の著者である小林弘幸氏によると便秘には3つのタイプがあります。

  1. ストレス型:ストレスにより自律神経が乱れ、消化官の収縮が弱まる
  2. 腸のぜんどう不全型:腸に便がたまり、腸の運動が低下する。下剤を使うとますます運動力が弱まる
  3. 直腸・肛門型:便をがまんすることにより排便センサーが低下する。あるいは筋力が落ちて便を押し出せない

上記の3タイプの他に複合型もあります。

 

つまり青汁により不足しがちな食物繊維をたっぷり摂り、腸をキレイにして排便を動かす効果は間違いないのですが、極度なストレスを抱えていたり、筋力が低下したりするような環境にあると青汁では解決できないこともあるのです。

理由その2:重度の便秘になっている

便秘がもはや青汁では解決できないレベルまで進んでしまっていることもあります。

 

「「排便力」をつけて便秘を治す本」著者である松生恒夫氏によると以下の項目で便秘度をチェックできるとのことです。

  • 下剤を使ってからまだ1年以内である
  • 自然な便意が起こらない
  • 下剤を使わないとまったく排便できない
  • 下剤を使って排便するのは週に1回程度である

以上のいずれか(あるいはいくつか)にあてはまる人。

 

あるいはそれ以上の症状がある人は中等症の便秘で数年以内に下剤の副作用が発症する恐れもあるといいます。
一度専門医に相談してみてください。

理由その3:飲んでいる青汁に栄養が少ない

市販の商品は飲みやすくするためにいろいろな甘味料ていたり、栄養が少なくなっているものもあり、注意が必要です。
購入の際には成分表をしっかりとみてください。

 

農薬などが付着したまま粉末化されると栄養摂取を阻害する原因になります。
原材料にこだわった製品を選ぶようにしましょう。

 

 

青汁で宿便はなくせるか

宿便って聞いたことがありますか?
宿便とは腸が弱り食べた物を完全に排出できず腸に滞留してしまう老廃物のことです。

 

現代人は腸内環境が乱れがちのため宿便は3キログラムもあり、便秘の人はそれ以上あると言われています。

青汁で宿便はなくせるか?

 

そのため、腸内環境が整い宿便がなくなることで自然にスッキリとやせることができます。

 

宿便を排出するには食物繊維のタイプに注意

便秘解消には食物繊維をたくさん摂ることが基本中の基本なのですが、これには落とし穴があります。

 

それは食物繊維には「不溶性」と「水溶性」の2つのタイプがあるということです。

  • 不溶性の食物繊維は水分を吸って大きく膨らみ便の嵩を増す
  • 水溶性は便を溶かして柔らかくする

というそれぞれの特徴があります。

 

便秘の人が急激に食物繊維を摂ってお腹が張って苦しくなることがあります。
それは不溶性の食物繊維が便を膨張させたものの便が固いままで排出することができない状態なのです。

 

一般に食物は水溶性の食物繊維より不溶性の食物繊維を多く含みますので、お腹が張ってしまう傾向にあります。

 

不溶性と水溶性はおおよそ2:1の割合で摂ることが理想といわれます。
単に食物繊維を摂ればいいのではなく、水溶性を多く含む食べ物を意識的に摂ると効果的なのです。

 

明日葉が持つ理想的な食物繊維

明日葉が持つ理想的な食物繊維

明日葉は伊豆七島を原産地とするセリ科の植物ですが、セリ科の中では唯一黄色いネバネバした汁を持っています。

 

これは伊豆七島という極めて限定された環境で自生してきたからとも言われています。

 

明日葉は「奇跡の明日葉」と言われ、ガンを治すことができると言われていますが、便秘解消にも強力な助っ人となってくれます。

 

明日葉は水溶性の食物繊維を多く含む便秘解消に理想的な食材です。
青汁の王様ケールと緑黄色野菜の代表格ホウレンソウと100グラムあたりの食物繊維量を比較してみましょう。

原料

水溶性食物繊維

不溶性食物繊維

明日葉

1.5mg

4.1mg

ケール

0.5mg

3.2mg

ホウレンソウ

0.7mg

2.1mg


(文部科学省 食品成分データベースより計算)

 

明日葉は水溶性食物繊維をホウレンソウの約2倍、ケールの約3倍含んでいます。
八丈島などでは古くは雑草とみなされていましたが、今では現地でとてもポピュラーな食べ物になっています。

 

天ぷら・おひたし・お吸い物などセリ科特有の苦みを活かした料理を楽しめます。

 

明日葉は伊豆七島以外では手に入りにくく、家庭栽培をする人も増えてはいるのですが、育てるのが難しい植物でもあります。

 

しかし、種からではなく、苗から育てると比較的簡単に育てることができます。
また、最近は明日葉をふんだんに使用した青汁商品が出ていますので、上手に利用しましょう。

便秘を助けてくれる頼れる存在!青汁商品の徹底比較

青汁を考案し青汁博士と慕われた遠藤二郎先生は「青汁は手作りがいちばんおすすめ」とおっしゃいます。

 

でも夜遅くまで仕事をしていたり、勤務時間が不規則な職場で働いている場合、手作りの青汁どころか、普段の食事もコンビニ弁当で済ませてしまう人も多いのです。

 

そんな忙しい人でも粉末の青汁ならば気軽に続けられ、便秘解消が期待できます。

 

青汁商品はたくさんありますが、便秘解消の大原則、「食物繊維」をたくさん含む商品をまとめてみました。

商品名

内容量

税込み価格

食物繊維

(1杯当たり)

特徴

ヤクルト
「青汁のめぐり」

7.5g×30個

1,290円

3.1g

契約農家による無農薬で栽培した大麦若葉を極力熱を加えず絞り出して粉末化。オリゴ糖もプラスされ、便秘解消を後押しします。

 

味が濃くておいしい。
とても飲みやすく、お子さんでも続けられます。

キューサイ
「青汁(粉末タイプ)」

7g×30包

3,330円

2.4g

国産ケール100%使用。ケールは契約農家から仕入れ、農薬、化学肥料は一切使用せず、キューサイ分析研究所で農薬の残存がないかを厳重に検査しています。

 

ケール独特の苦味があるので青臭さが苦手な人は薄めて飲むと飲みやすいです。

オーガニック
「大麦若葉パウダー」

1kg

5,658円

1.7g

小分けになっていないので料理などに使いやすいです。
有機国産で安心。クセがなく様子をみて量を増やすことが可能。

 

JAS認定のオーガニックで安心して飲めます。

「青汁三昧」

3g×60包

3,000円

0.97g

豆乳で割るのがおすすめです。ジュース・スポーツ飲料・焼酎などで割ってもおいしく飲めます。

 

水に溶かして水筒に入れて持ち歩き、こまめに飲む人も多いです。

えがお
「えがおの青汁」

3.5g×31袋

3,240円

0.33g

(公式発表レタス3枚分より算出)

抹茶を飲んでいるようなさわやかな味でとにかく飲みやすい。はちみつを少し入れてホットでもおいしい。

 

原材料にこだわりがあり、安全に飲めます。


市販の商品は食物繊維だけでなくビタミンやオリゴ糖など他の栄養分もバランスよく含まれていて、栄養補助食品として最適です。値段も手軽で気軽に試せますね。毎日の食事にプラスして続けてみてください。