青汁はアレルギーに効果がある?!

アレルギーとは、本来、人間の体に害がない食物、花粉、ダニなどに過剰に反応してしまう症状を指します。

 

中には、食べ物が口に入った途端、短時間で体全体が反応し、命に危険がある「アナフィラキシーショック」に常に脅かされる方も少なくありません。

 

青汁はアレルギーに効果がある!?

アレルギーは第二次世界大戦以降急増したと言われるまさに現代病。

 

根本的な治療法がないといわれるアレルギーですが、ここでは青汁のアレルギーへの効果についてご紹介します。

青汁とアレルギーとの関係

青汁を飲んでアレルギーが改善されたという人は数多くいます。

 

青汁の生みの親である遠藤仁郎氏の思いを継承する「遠藤青汁会」が母体であり、関西地区で乾燥青汁を製造する田辺食品のホームページにもアレルギーが改善されたという方の声が掲載されています。

 

青汁を飲んでアレルギーが改善された人の声が寄せられる田辺食品HP:
http://www.tanabe-shokuhin.co.jp/aosiru/kenkoutoaosiru/shourei/atopy/atopy.html

青汁のアレルギーへの効果とは

青汁のアレルギーへの効果とは

アレルギーは、この世に存在しない化学物質で技術の進歩により生み出された物質に人体が反応するとも言われています。

 

アレルギーを誘発する原因はいくつかあります。

 

例えば、保湿。
乾燥した肌は表面のバリアーが機能せず、アレルギーの原因が肌から入りやすくなってしまいます。

 

もう一つ、腸内環境もアレルギーと深い関係があります。

 

腸内環境は健康な状態だと善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスよく構成されていますが、ひとたびバランスが崩れると、善玉菌が働かなくなり、有害な物質が体内に入りやすくなってしまいます。

 

なぜ青汁がアレルギーに効果があるかというと、青汁がアレルギーの原因となる肌の乾燥や腸内環境の乱れを整えて体質を改善する働きがあるからです。

 

青汁には豊富なビタミンが含まれています。

 

中でもビタミンCはコラーゲンの生成を助ける効果があり、化粧水では届かない肌の真皮層でコラーゲンを増やすことによりうるおいを与えます。またビタミンAは皮膚を強くする効果があります。

 

また、青汁は食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内の老廃物や有害物質をしっかりとからめとり、体外へ排出してくれます。

 

ファンケルの研究レポートによると、アトピー性皮膚炎で日ごろケール青汁を飲む習慣がある人と習慣のない人を対象として血中のアレルギー成分と頬角層の水分量を調べたところ、飲む習慣のある人は、ない人と比較して血液中の血中好酸球数(アレルギー反応に関連する白血球の一種)が少なく、頬角層の水分量が多いことがわかりました。

 

ファンケルの研究レポート
「ケール青汁」がアトピー体質を改善する?
http://www.fancl.jp/laboratory/report/01.html

まとめ

こうしてみると、青汁がアレルギーを改善してくれることも期待できそうですね!

 

アレルギーに悩まされている人は一度青汁を継続して飲んでみてはいかがでしょうか。